サイトマップへ移動

てぬぐいについて

かまわぬのてぬぐい

かまわぬのてぬぐいとは?

「てぬぐい(手拭)」は文字通り洗った手や体を拭いたり、汗を拭ったりするものです。また日除けやほこり除け、祭礼における装身具として頭にかぶるものとしても使われてきました。
大きさは時代により様々ですが、かまわぬのてぬぐいは一尺三尺、およそ33センチ×90センチ。木綿の晒を素材に明治時代から続く染めの技法「注染」を用い、職人の手によって作られています。

同じ素材、限られた大きさの中にも季節感や世界観を表現できる、てぬぐいの面白さのひとつです。

てぬぐいとは?

てぬぐいの歴史

平安時代には神事の際の装身具として使われていました。布が貴重品だったため奈良時代にも庶民には浸透せず鎌倉時代から少しずつ普及し始めました。江戸時代には綿の栽培が各地で行われるようになり、手拭いは生活必需品として定着していきました。

機能性だけではなく、芸術性を重視されるようになるのはこの頃で「手拭い合わせ」という催しが粋な人々の間で広がり、それぞれの考案したデザインを手拭いに染めて競い合いました。それにより染めの技術も発達していきました。

明治時代に入って「注染」という染めの技法が考案され、染め業界に大変革が起こりました。
昭和のころには、手拭いを趣味とした会が出来るなど日常品の枠を超えて全国に拡がっていきました。今ではさまざまな色柄のてぬぐいが生まれ、自由な発想で使われています。

てぬぐいの出来るまで

てぬぐいの製造工程を映像と写真で解説。
染め方にも様々な方法がございます。

詳細はこちら

てぬぐい 柄の意味由来

定番てぬぐいを中心に、さまざまな手ぬぐいの柄の「意味由来」をご紹介。

詳細はこちら

てぬぐいごよみ

季節に合わせたてぬぐいのご紹介。
同じ素材に限られた大きさ。その中に季節を感じられる事もてぬぐいの魅力です。

詳細はこちら