サイトマップへ移動

NEWS

2018.01.31 新商品「かまわぬの文庫革」 2/1~発売

bunkogawaPOP_HP.jpg
 
bunkogawa_koutei_HP300px.jpg 文庫革は、播州姫路生まれの伝統工芸品です。

真っ白な革に型押し、彩色をしたのちに、仕上げに古びをつける「錆(さび)いれ」を行うことで、独特の風合いが生み出されます。

ひとつひとつの工程すべてが職人の手作業によるもので、この昔ながらの製法でつくられているのは、現在では日本でたったの一軒です。

かまわぬでは、そんな古くから親しまれてきた文庫革に、日本の伝統文様をもとにしたデザインをのせました。昔の人が思いをこめて生み出した吉祥柄は、お守りのように末永くお使いいただけます。

使うごとに手になじみ、月日と共に味わい深くなる文庫革を、ぜひ店頭でご覧ください。


◆カードケース 9000円+税
◆がまぐち   10000円+税
◆長財布    25000円+税 

◆発売日 2/1(木)~
◆発売店舗 かまわぬ・小粋全店  ※小粋新宿店は長財布の取扱いがございません。

 
全3柄 
◇麻の葉松◇
魔除けの意味を持つ麻の葉と古くから神が宿るとされ縁起が良い松の文様である唐松をあわせました。
 
◇亀甲鱗◇
厄除けで身に着けるとよいとされている鱗と六角形の連続模様で繁栄を示す亀甲をあわせました。
 
◇菊菱◇
実が丈夫なことから無病息災の意味を持つ菱と長寿の象徴で縁起の良い花として親しまれている菊をあわせました。
  


立川店 座布団おあつらえ 2/15~3/11 かまわぬ立川店 2/21休業のお知らせ