サイトマップへ移動

NEWS

2015年10月|カテゴリーを絞り込んで表示

  • すべて表示
  • SHOP:直営店
  • SHOP:商品取扱店
  • イベント
  • かまわぬデザイン +
  • お知らせ

現在かまわぬ商品取扱店に関するお知らせはございません。

現在かまわぬデザイン+に関するお知らせはございません。

現在お知らせはございません。

2015.10.29 遠州綿紬 かまわぬの半天 10/30(金)~

hanten15.png
軽くて暖かな綿入りの半天。今年は生地に「遠州綿紬」の生地を使って、サイズの種類も増えました。「遠州綿紬」は静岡県浜松市にて冬の仕事として江戸時代より受け継がれてきた織物で、現在では糸紡ぎから染色、機織りまで全て職人の手によって作り出されています。ぬくもりあふれる風合いはどこか懐かしく、家族での団らんや大切な人への贈り物におすすめです。

取扱店舗 代官山・立川・丸の内・名古屋店(店舗により取扱アイテムが異なります)

大人用
袖あり M/L ¥13000 袖なし ¥11000
袖ありLL ¥13000

子ども用
袖なし ¥6500
130cm(小学生) ¥9000

2015.10.24 JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015 10.24-11.3開催

伝統的工芸品産業振興会が主催する『JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK』は、伝統的工芸品の作り手とSHOPを結んで新しい見せ方や価値を見出すプロジェクトです。
 
今回「かまわぬ丸の内店」がSHOPとして参加し、新潟県村上市の伝統工芸品である『村上木彫堆朱』と共にオリジナルデザインの制作にあたりました。
伝統的な技法の中に新たなデザインを取り入れることで、日常でも使いやすくなりました。より多くの方に手に取っていただければと思います。
----------------------------
【開催期間】2015年10月24日(土)~11月3日(火・祝)
【展開店舗】かまわぬ丸の内店
【伝統工芸品】村上木彫堆朱
----------------------------
<村上木彫堆朱とは>
 
【堆朱】
木地に彫刻を施してから何度も何度も漆を塗り重ねていく技法。
使うほどに艶が出て透明感のある朱色に変化します。
漆を塗り重ねているためとても丈夫で、親子3代使えると言われています。
 
【朱溜】
堆朱を塗り仕上げたあと、全体に溜漆を塗り磨きあげたもの。
深い色合いと光沢感が美しい逸品です。
 
堆朱手鏡 ¥8,500 朱溜手鏡 ¥12,000
青海波/万寿菊/バラ
 
このほか朱肉入れもございます
朱肉入れ ¥23,000~

公式サイト 
http://jtcw.jp/

tsuishu.jpg

2015.10.16 年賀状ステンシル 原宿店にて発売

saru.jpg
【期 間】2015年10月16日(金)~
【取扱店】かまわぬ原宿店 
 
年賀状用の「ステンシル」を原宿店にて販売いたします。
干支と縁起柄を取り揃えました。
年の初めのご挨拶に心をこめた年賀状を作ってみませんか。
 
型紙 ¥400 ~
刷毛 ¥300
顔彩セット ¥900
 
*原宿店のみの取扱いです。発送等ご希望の場合は直接店舗にご連絡ください。

原宿店 TEL:03-3401-7957

2015.10.14 10月16日(金)~ クリスマス手ぬぐい入荷します

christmas15.jpgかまわぬ直営店各店に、クリスマスの手ぬぐいが早くも入荷します。今年もかわいい柄からちょっと気になる柄まで、様々な種類の手ぬぐいをご用意しました。
季節の先取りに、楽しいクリスマスの準備はいかがでしょうか。

左より
クリスマスアレンジメント ¥1200
クリスマすごろく ¥1200
トナカイ 水色  ¥900
起き上がりサンタ ¥900

2015.10.13 【代官山店】いわもとあきこ個展 さきおりさささ 10/30~

sakiori hp.jpg
会期:2015年10月30日(金) -11月8日(日) 
   11:00~19:00
場所:かまわぬ代官山店
 
さきおり作家 いわもとあきこさんの展示会をかまわぬ代官山店で開催します。

木綿の布を染め、裂いて、織って、縫製し、すべて手作業で制作されるバッグは、カラフルな色合わせが魅力で、使いこむほどに味わい深くなります。
今回は特別にかまわぬのてぬぐいを素材としてお使いいただいたバッグも登場します。

いわもとさんの作られる世界に一つしかないバックを
ぜひご覧ください。

作家在店日 10月30日(金)・31(土)

作家略歴

1976  香川県高松市生まれ
1995  高松工芸高校金属工芸科卒
1997  京都成安造形短期大学立体造形クラス修了
2000-01島根県シルク染め織館(現在は閉館)にて
    絹糸での染織を学ぶ
2005 木綿生地による裂き織りの制作、発表をはじめる
2009  「工房からの風」出展
以降、各地で個展、イベントなど多数参加。

現在、高松市在住